鑑定料金 半額キャンペーン中(5/31まで) お気軽にお問い合わせください

四柱推命による会社開業日(設立日)や経営の占い四柱推命による会社開業日(設立日)や経営の占い

  • 会社開業・経営専門の運勢鑑定所
  • 会社の運勢鑑定所のご紹介
  • 無料診断サービス
  • お客様の声
  • 四柱推命などのよくある質問
  • 会社の運勢
  • お問い合わせ

さまざまな運勢ある出来事の日の運勢

日本の運勢と令和

新年号「令和」の運勢はどんな運勢になるのか

会社設立日・経営占いトップ > さまざまな運勢 > 日本の運勢と平成

四柱推命でみる歴史の中の運勢

四柱推命は生年月日から人間の運勢等を推し測るものですが、時代的な事象に関しても活用することができます

その際、四柱推命を観る時に活用する生年月日は、その事象が起こった年月日とします。また、事象は男性とみなして命式表を出します。

それでは、その方法を活用して、2019年5月1日に施行される「令和」について占ってみます。

令和は「比肩」~孤独な試練の多い道をマイペースで進む~

四柱推命による令和の命式
① 五行に星が5つ五行に星が5つ集まる
試練が多い道を、マイペースに進む運勢
④ 月柱が比肩冠帯比肩月柱が、比肩冠帯比肩であり
平成の命式や大運の流れを引き継いでいると感じます
⑤ 5つの比劫星と1つの財星相克関係にある比劫星が、財星を尅し
財が流れやすい運勢を表します

平成の時代にも、比肩星が5行に5つありましたが、同様に、令和の命式にも、比肩星が5行に5つあります。引き続き、日本は孤独な試練の多い道をマイペースで歩むことになります。(図①)

令和の命式と平成の命式を並べてみると、令和が平成の流れを引き継いでいることが分かります。

四柱推命による平成の命式
② 年柱と日柱が反言五行に星が5つ集まる
試練が多い道を、マイペースに進む運勢
③ 大運も反言月柱が、比肩冠帯比肩であり
平成の命式や大運の流れを引き継いでいると感じます

平成の命式には日柱と年柱に、比肩冠帯比肩がありました(図②)。加えて、平成が終わった時の大運も、比肩冠帯比肩でした(図③)。その「比肩冠帯比肩」が、令和の命式の月柱にも出てきています(図④)

よく会社の創業者とその創業者が設立した会社の運勢をみると、その創業者からでてきた会社らしい運勢の星を見つけることが多いのですが、令和の中にも、平成の特徴が明確に出ていると感じます

比劫星5つに財星が1つ ~令和は大きく財が流れる運勢~

平成の運勢を見たときにも、何故、この日なのだろうと思いましたが、令和の運勢を見たときも同様な気持ちを持ちました。

四柱推命では木火土金水という古代中国に端を発する自然哲学の五行思想という考えで、運勢をみるものですが、木火土金水の隣同士の関係だと「相生関係」、対角にある関係だと「相克関係」となります。

相生と相克の図

その点で令和の命式を見ていくと、5つの比劫星が、1つの財星を尅し、財が流れやすい運勢になります。(図⑤)財政難で苦しむ、今の日本ではあまり選びたくない運勢です

ただ、企業の創業日を占うと、その設立の動機や背景が命式に表現されると感じることも多く、今の日本が選んだ運勢が、今回の命式になったのだと思います。

一方で、比肩には再出発という意味合いもあります。新しい時代につながる令和の時代になればと感じます。

このように、四柱推命で見ていくと、何かを決めた時は、それに伴う運勢の影響がでてきます。会社の経営であれば、契約日や開業日などは運勢を選んで決めていきたいものです。うまく活用していけば、リスクに気を付けるべき年がいつくるのかも事前にみていくことができます

会社の経営でよい運勢を導くために、四柱推命を活用してみてはいかがでしょうか?

会社の運勢無料診断サービス

  • 本当に統計的に運勢の特徴がでるのか興味があるので試したい
  • 自社(自分)の今後の運勢が知りたい
  • 会社の厳しい状況がいつまで続くのか知りたい
  • 投資などの適切なタイミングを知りたい

このような方におすすめです。無料ですのでぜひお試しください。

かんたん1分 会社の良い設立日・経営の運勢無料診断入力フォーム

会社名(創業予定の場合は創業予定と記入ください)

メールアドレス

電話番号

会社の登記日 (任意)

経営者・経営幹部の生年月日時間

性別

産まれた場所

事業内容・特に確認したい事

希望連絡日①

希望連絡日②

※ 無料診断は、電話にてご連絡が取れる方のみとさせていただきます