四柱推命による会社開業日(設立日)や経営の占い四柱推命による会社開業日(設立日)や経営の占い

  • 会社開業・経営専門の運勢鑑定所
  • 会社の運勢鑑定所のご紹介
  • 無料診断サービス
  • お客様の声
  • 四柱推命などのよくある質問
  • 会社の運勢
  • お問い合わせ

会社の運勢倒産した会社の運勢

森友学園と籠池理事長

学園と理事長の運勢どちらに問題があったのか

会社設立日・経営占いトップ > 会社の運勢 > 森友学園と籠池理事長

民事再生の森友学園の運勢はどうだったのか

倒産企業の場合、通常は、以下のようなケースがあります。

森友学園や籠池理事長も運勢で難しいことがあったと推測されます。

とはいっても、森友学園自体は、1950年に創立されており、籠池理事長も、森友学園とほぼ変わらない1953年の生まれですから、最初から厳しい運勢だったわけではないのでしょう。

多くのメディアでも注目されることになった今回のケースで、森友学園と籠池理事長がどういった運勢のタイミングだったのかを見てみます。

負債総額は調査中とされながら約20億 ~森友学園~

森友学園は、小学校予定地の国有地払下げ問題などで前理事長が国会に証人喚問されるなど、政治問題に発展した流れから、2017年4月に民事再生を申請しています

東京商工リサーチのデータを見る限り、2016年3月期までは安定した業績で、自己資本比率も高い数字でしたので、明らかに今回の政治問題によって民事再生にいたったと考えられます。

その森友学園の運勢を見てみましょう。

四柱推命を用いた占いによる森友学園の命式
① 月柱と年柱が印綬印綬は、地位や名誉、学問などの運勢を表します
② 印綬・傷官印綬と傷官が並ぶと、「印綬傷官格」と言い、特殊スキルが発揮できる運勢です
③ 印星と食傷星に固まる五行上でも、「印綬傷官格」の運勢が見て取れます。

森友学園は、月柱と年柱に「印綬」があり、学問や知識を扱う事業としては、適している運勢です。(図①)

印綬は名誉を表します。地位も守れるし、名声も博します。受勲される功績を称えられる意味を持ちます。信頼、信用、名誉など、人間として欲しい星です。独創的な発明、発見などの能力もあります。

加えて、月柱をみると、「印綬」の下に「傷官」があります(図②)。四柱推命でいう「印綬傷官格」という貴格で、特殊スキルを発揮することができ、こういった学問を教える場所や、研究所などに適した運勢です

五行上でみても、印星と食傷星に星が集まり(図③)、「印綬傷官格」の特性を強く持っていることが分かります。

周期運の大運や、その年の運勢の流年をみても、厳しい運勢は出ておらず、むしろ50年以降(学校法人の設立は1971年)は、良い運勢がくるタイミングでしたので、運勢でみると、今回の倒産は、森友学園自体の運勢では、なかったようです

では、問題は籠池理事長だったのでしょうか。次に運勢を見てみます。

バランスの良い運勢でありながら、悪いタイミングが重なった籠池理事長

籠池理事長の運勢を見てみます。

四柱推命を用いた占いによる籠池理事長の命式
④ 財官双美の命地位と財産に恵まれる官星と財星の運勢をもっています
⑤ 大運が劫財厳しい運勢の劫財に、荒れる沐浴がついており厳しい運勢を表します
⑥ 流年が倒食偏印と食神が並ぶと倒食であり、2017年が厳しい運勢の年だったことが分かります

正官は、「正官」、権力、真面目、身分の発展、官位等を意味します。サラリーマンのように組織の中において力を発揮する運勢です。その運勢があらわすように、籠池理事長は新卒で奈良県に努めました

偏財は、外部の経営資源や、人脈を表す運勢です。今回の問題でも、様々な人間関係がとりあげられていますが、偏財に最大限の運勢の強さを表す「帝旺」がついていますので、籠池理事長の人脈はすごいものがあったのだと考えられます

四柱推命では、官星と財星が並ぶ運勢を「財官双美の命」といい財産と地位に恵まれる運勢です。命式を見ると、色々と今回の件で指摘はされているものの、理事長として社会的責任を担っていける運勢を持っています

では、問題はなかったかというと、周期運の大運と、その年の運勢を表す流年が非常に良くありませんでした。

まず、大運が劫財沐浴傷官です(図⑤)。劫財や敗財と傷官が並ぶと裁判沙汰を表す運勢です。それが沐浴していますので、厳しい形で出てくることが多い運勢です

「劫財」は、「強気の失敗」を表します。また、自惚れや欲の運勢の特性があります。「傷官」は、裁判や事故などの運勢があります。それに、運勢があれる「沐浴」がついています。

籠池理事長のやり取りを見ても、かなり強気の発言があったことが考えられ、こういった運勢を裏付けているようです。

加えて、その年の運勢が、偏印と食神が並ぶ「倒食」(図⑥)を起こしています

倒食とは、命式中に食神と偏印が並んでいたり、行運や流年でこの二つの星が出くわしたりした時の状態で、偏印が福禄(食神)を倒すという現象が起きてしまいます。福禄とは ①個人の精神的・肉体的財産、②家庭的財産、③金銭的・社会的・財産、この①、②、③が人生において壊されるという事態が生じます。

2018年も流年は、「劫財」の年で厳しい年が続いていることが分かります。

厳しい大運と厳しい流年。できれば、新しい取り組みは絶対に避けた方が良いタイミングでした。しかし、籠池理事長の場合、劫財の周期運は10年(人によって3年~10年)であり、その間、「強気の失敗」の運勢を表す「劫財」を抑えておくのは難しいかったかもしれません。

森友学園も、籠池理事長も運勢で見ると、決して悪くなかったというよりは、むしろ良い運勢の持ち主でした。しかし、タイミングで見ると、厳しい運勢が出てくるときがあり、その時の意思決定を誤ると、社会的影響力や責任を持っている分、物事が悪い方に大きく出る時があるということが分かります。

会社の運勢無料診断サービス

  • 本当に統計的に運勢の特徴がでるのか興味があるので試したい
  • 自社(自分)の今後の運勢が知りたい
  • 会社の厳しい状況がいつまで続くのか知りたい
  • 投資などの適切なタイミングを知りたい

このような方におすすめです。無料ですのでぜひお試しください。

かんたん1分 会社の良い設立日・経営の運勢無料診断入力フォーム

会社名(創業予定の場合は創業予定と記入ください)

メールアドレス

電話番号

会社の登記日 (任意)

経営者・経営幹部の生年月日時間

性別

産まれた場所

事業内容・特に確認したい事

希望連絡日①

希望連絡日②

※ 無料診断は、電話にてご連絡が取れる方のみとさせていただきます