四柱推命による会社開業日(設立日)や経営の占い四柱推命による会社開業日(設立日)や経営の占い

  • 会社開業・経営専門の運勢鑑定所
  • 会社の運勢鑑定所のご紹介
  • 無料診断サービス
  • お客様の声
  • 四柱推命などのよくある質問
  • 会社の運勢
  • お問い合わせ

さまざまな運勢人物の運勢

湯川秀樹

「財、官、印」三宝の命と呼ばれる格式で推命学上の「貴格」

湯川秀樹氏

日本の理論物理学者。京都府京都市出身。原子核内部において、陽子や中性子を互いに結合させる強い相互作用の媒介となる中間子の存在を1935年に理論的に予言。1949年(昭和24年)、日本人として初めてノーベル賞を受賞。

1949年、第二次世界大戦後の暗く悲しい雰囲気が漂う中で、日本人として初めてノーベル章を受章し、明るいニュースをもたらした湯川博士。その湯川博士の運勢をみてみましょう。

湯川秀樹氏の命式 ~財官印三宝の命~

湯川博士の命式は、中心的星である月柱が印綬であるために、一生を通して学問にて研究に没頭することができる運勢です(図①)

四柱推命による湯川秀樹氏の命式
① 月柱が印綬月柱は中心的な星でありそれが印綬
一生涯を通じて、学問に没頭できる運勢がある
② 財官印三宝の命地位、名誉、財産に恵まれる命式
③ 日支が長生偏印日支も、一生涯に影響を与える星
長生偏印も、生涯にわたって、学問に興味を持つ運勢がある
④ 大運:印綬 流年:正官1949年の大運は印綬建禄、流年は正官衰。
官印両全の命の、非常に地位名誉が得られる運勢の時だった

湯川博士の命式をみてみますと偏官、印綬、偏財の三並びとなっています。これは、「財、官、印」三宝の命と呼ばれる格式で推命学上の貴格です(図②)。地支星がすべて中庸運ですので、これらの個々の天干星が十分に伸び、開花することが出来ます。

思考力、思索力にすぐれ頭脳明晰である運勢を表す「印綬」、財運の「偏財」、地位、名誉、社会性、指導力を表す「偏官」とすべてがそろい天賦の運と素質をもった方です

同じ財官印三宝の命でも違いがある田中角栄氏と湯川秀樹氏

以前に述べました。田中角栄氏の命式と比較してみます。

田中角栄氏の命式は「田中角栄 ~ バランスが非常に良い五行、晩年福の多い命式 ~」をご参照ください。

湯川博士は、田中角栄氏と同じく「財官印」三宝の命ですが、田中氏は月柱が正官です。そのため、湯川博士は月柱が印綬であるのに対して、正官があるということは、学問の世界に生きるのではなく、社会的な現実の世界での地位・名誉・指導性に生きる方となります。

このように、月柱にどのような星がくるかで全く違ってきます

又、田中角栄氏の場合、地支星がいずれも休因荒れる運となっています(湯川博士の場合は中庸運)ので、財官印の本来の良さを伸ばす事が出来なくなります。波乱と試練の多い人生となります。

田中角栄氏の日支は、「沐浴食神」。これは愛情問題で波乱がある一生となります。一方、湯川博士は「長生偏印」ですから、偏印の特性がでてくる一生となります。偏印は、頭脳の星であり、学問の星で、内的精神世界や、形而上学的な世界の探求に関心を示す星です

晩年には生物学にも関心を抱き、特に生命現象における情報の役割に関心を抱持たれたそうですので、最後まで学問に興味を持たれていたことがわかります。

湯川博士の歩みと運勢 ~ノーベル賞を受賞したタイミング~

湯川博士が中間子の存在を理論的予言したのは1935年29歳の時、周期運である大運が偏官長生の時です。

博士は偏官というブルーカラーの星を持っています。この星は正官とちがい自ら作業服を着て汗水流して努力して働き物事を作り出していくという星です。決して良い位置にいて発見にいったのではなく、たゆまぬ努力と又はインスピレーションが強力に働いたときに予言が成就したことになります

そして、1949年(昭和24年)43歳の時にノーベル賞を受賞しています。この年は大運、印綬建禄、流年は正官衰となっていて、官印両全の命という栄誉を手に入れるという運勢の時になっていました。

ノーベル賞、受賞後の運勢を見てみましょう。51才から65才の運勢を表す年柱は、偏財胎ですから入ってきた財を世の為、人の為に投入する運勢の時でした。京都大学にて、後進の指導に当たっていた時期です。

65歳以降の時上の偏官長生は世界的な地位や責任をもって活躍する晩年となります。実際、米ソ両国の緊張激化を受け、第4回科学者京都会議の発起人の一人となって開催を実現されています。このときすでに健康状態が悪化しており、会議には車椅子姿で出席して核廃絶を訴えたという事でしたから、最後まで自ら社会的な責任を担う姿勢を持たれていたことが分かります。

会社の運勢無料診断サービス

  • 本当に統計的に運勢の特徴がでるのか興味があるので試したい
  • 自社(自分)の今後の運勢が知りたい
  • 会社の厳しい状況がいつまで続くのか知りたい
  • 投資などの適切なタイミングを知りたい

このような方におすすめです。無料ですのでぜひお試しください。

かんたん1分 会社の運勢相談無料診断入力フォーム

会社名(創業予定の場合は創業予定と記入ください)

メールアドレス

会社の登記日 (任意)

経営者・経営幹部の生年月日時間

性別

産まれた場所

事業内容・特に確認したい事



※無料診断をご希望される場合は、上の「事業内容・特に確認したい事」欄に連絡先の入力をお願いします