四柱推命による会社開業日(設立日)や経営の占い四柱推命による会社開業日(設立日)や経営の占い

  • 会社開業・経営専門の運勢鑑定所
  • 会社の運勢鑑定所のご紹介
  • 無料診断サービス
  • お客様の声
  • 四柱推命などのよくある質問
  • 会社の運勢
  • お問い合わせ

さまざまな運勢ある出来事の日の運勢

日本の運勢と昭和天皇

天皇の運勢と日本の運勢は連動しているか

会社設立日・経営占いトップ > さまざまな運勢 > 日本の運勢と昭和天皇

日本の運勢と天皇の運勢

会社に運勢があるように日本に運勢はあるのでしょうか?会社の運勢を見るときは、会社の登記日と社長の誕生日が会社の方向性に影響を与えます。その点でいくと、日本の運勢は日本という国が生じた日と日本の運勢を代表する人という事になります。

その際に、日本の運勢を代表する人は、天皇なのか、内閣総理大臣なのかという観点がありますが、今回は、昭和の歴史と昭和天皇の運勢を見ていきたいと思います。

昭和天皇の命式 ~社会的に活躍し、財産に恵まれ、優れたセンスがある運勢~

昭和天皇は、明治34年(1901年)4月29日午後10時10分に誕生されました。歴代天皇の中で在位期間が約62年と一番長く、最も長寿でいらっしゃいました。

四柱推命による昭和天皇の命式
① 財官双美の命命式に財星と官星が並ぶ命式
社会的な地位と財産に恵まれるという意味合いがある
② 3土の食傷星食神が2つ、傷官が一つある
食傷星は、感受性、洞察力、直観力、芸術性を表す
③ 大運が比劫星の時大運が比劫星の時は、厳しい壁にぶつかるタイミングであることが多い

昭和史の中心人物である昭和天皇の命式は、四柱推命で財官双美の命という貴格です。(図①)官位や財運に恵まれることを物語っていますが、地支星が休因していますので、本来の力を発揮できず影ながらの苦労があるという運勢です。

また、地支が三土の食傷星(図②)となっていますので、内的にはすぐれた感受性、洞察力、直観力、芸術性をもっておられ、生涯学者としての研究に励まれたことを意味しています

大戦前後の日本の運勢と戦後の経済発展の運勢につながる昭和天皇の運勢

では、昭和の歴史と昭和天皇の運勢の動きをみてみます。見ていくと天皇陛下の大運そのものが昭和の出来事を物語っていることがわかります。

通常、厳しい運勢の時がいつかを見る時に、周期運である大運の運勢がどうかというところを見ます。昭和天皇の場合、41歳~48歳が比肩、49歳~56歳が劫財と非常に厳しい時期です。では、その時の日本の状況はどうだったのでしょうか?

第二次大戦(太平洋戦争)が始まった昭和16年(1941年)は昭和天皇の41歳の時で大運の比肩が始まった年でした。また、その比肩の間に終戦を迎えています。

49才から56才は(S24~S31年)は劫財となっており敗戦ですべてを失った日本が焦土化したところから復興してゆくのに大変な苦労をしましたが、さまざまなる償いの道を陛下自ら先頭にたって歩んでゆかれた時となっています。

第2次大戦の時と、終戦後の厳しい時期が昭和天皇の厳しい時期と合致しています。

その後の運勢でみていくと、57歳(昭和32年)からは、昭和天皇の運勢は、命式とあいまって財官印三宝の命という四柱推命で最も良いと言われる運勢が出ています。その間、日本は奇跡的に建設と発展の運気に躍り出ました

昭和63年までの在位中、この六年は陛下の運気とともに繁栄の道を歩んだことになります。陛下の晩年に向かう発展の支えとなられながら89歳の天寿を全うされたことになります。

以上のように運勢を見ていく時に、天皇の誕生日、元号が変わった日などが、日本の運勢を見る上で参考になることが分かります。

会社の運勢無料診断サービス

  • 本当に統計的に運勢の特徴がでるのか興味があるので試したい
  • 自社(自分)の今後の運勢が知りたい
  • 会社の厳しい状況がいつまで続くのか知りたい
  • 投資などの適切なタイミングを知りたい

このような方におすすめです。無料ですのでぜひお試しください。

かんたん1分 会社の運勢相談無料診断入力フォーム

会社名(創業予定の場合は創業予定と記入ください)

メールアドレス

経営者・経営幹部の生年月日時間

産まれた場所

事業内容・特に確認したい事