四柱推命による会社開業日(設立日)や経営の占い四柱推命による会社開業日(設立日)や経営の占い

  • 会社開業・経営専門の運勢鑑定所
  • 会社の運勢鑑定所のご紹介
  • 無料診断サービス
  • お客様の声
  • 四柱推命などのよくある質問
  • 会社の運勢
  • お問い合わせ

会社の運勢上場した会社の運勢

ほぼ日と糸井社長

1日に150万ページビューの国内有数サイトの企業が上場

会社設立日・経営占いトップ > 会社の運勢 > ほぼ日と糸井社長

収益の7割をしめるほぼ日手帳販売で増収増益

株式会社ほぼ日は、糸井社長が個人で運用していたほぼ日刊イトイ新聞を運用する会社で、手帳の収益で30億弱をあげる高収益企業です。

糸井社長は、「ほぼ日刊イトイ新聞」の編集者以外にも、スタジオジブリ作品のコピーライター、となりのトトロのお父さん(草壁タツオ)役、ゲームの「MOTHER」シリーズの開発など、様々な才能を発揮されています。

糸井社長は、自らの才能に頼らない組織を作ろうと、上場を実現しました。

上場会社は、上場することにより、社会的な公器となります。それまでの企業の運勢と違う運勢が、上場日を通じて入ってきます。そのような視点をみながら、どういった運勢の企業や社長が上場し、また、上場することによってどう運勢がかわっていったのかを見てみます

人脈や外部の経営資源をうまく活用する運勢「偏財」の社長

糸井社長の命式は、偏財と劫財です(図①)。偏財は、人脈や外部の経営資源をうまく活用する運勢です。実際、「ほぼ日刊イトイ新聞」は、任天堂の元社長の岩田氏の協力が大きかったようですし、運用するサイトの中では、明石家さんま、イチロー、鈴木敏夫、谷川俊太郎、タモリ、笑福亭鶴瓶、矢沢永吉、松本人志、原辰徳などが出演しており、人脈の広さを感じることができます。

四柱推命を用いた占いによる糸井社長の命式
① 偏財劫財人脈の偏財と強気の劫財
糸井社長の人脈の広さを感じる運勢です
② 偏財が多い偏財が多いと、妻ではない女性との関係がでる運勢です
③ 大運が傷官・食神現在の大運が傷官建禄、続けて食神冠帯と偏財と相性がよい食傷の強い運勢がつづきます

そこに強気の劫財がついています。劫財は、賭けにでる運勢です。偏財と劫財だけでは、糸井社長の評価に収まらないイメージですので、時柱には食神があるのかもしれません。

命式の中に、財星が多く、特に偏財が3つあります(図②)。偏財が一つであれば良いのですが、二つあると妻ではない女性との関係を表し、不倫の運勢となります。1982年から、糸井社長と不倫相手の樋口可南子氏が、双方が公然と交際を認める不倫関係を約10年間続けたというのは有名な話です。

続けて「ほぼ日」の運勢を見てみましょう。

財を生みだす運勢、特殊スキルを発揮する運勢をもった会社「ほぼ日」

ほぼ日の命式は、傷官と偏財が並んでいます(図④)。傷官は、無から有を生みだすセンス、偏財は人脈や外部の経営資源をうまく使う運勢を表しますので、非常に財を多く生み出す運勢があります

四柱推命を用いた占いによるほぼ日の命式
④ 傷官偏財センスの傷官と外部資源を活用する偏財で、
財を生みだす運勢の並びとなっています
⑤ 傷官印綬センスの傷官としっかりと考える印綬によって、
特殊スキルを発揮する「印綬傷官格」の運勢になっています

加えて、最も中心的な運勢をあらわす月柱が、傷官病印綬になっており、四柱推命で「印綬傷官格」という特殊スキルを発揮する運勢が出ています(図⑤)

特殊スキルを発揮して、ネットワークを活用して財を生みだすという運勢は、まさしく、「ほぼ日」の運勢を表しているようです。また、創業者の糸井社長と同じように、偏財を多くもっているという点でも、まさしく、創業者が作った会社という感じです。

上場を通じて、個人から組織に変革ができるか

上場日の運勢を見てみましょう。上場を通じて、株主からの要望によってほぼ日らしさがなくなるのか、糸井社長一人のタレントに引っ張られる会社から、組織として価値を生みだしていける会社になっていけるのかが注目されています

上場日は、敗財と正財が並んでいます(図⑥)。

四柱推命を用いた占いによるほぼ日上場日の命式
⑥ 敗財正財受け身の失敗の運勢がある敗財と敗財が尅す正財という形で財が入るが、流れやすい運勢となっています
⑦ 大運が敗財比肩1年目~4年目が敗財、5年目~8年目が比肩と比劫星の厳しい運勢が、最初にきています

上場日の運勢だけを見ると、中心的な運勢に敗財が来るのは、上場を通じて実現しようとしていることには陰りがあると見ます。敗財は、情に厚い部分は良いところなのですが、受け身の失敗の意味合いもあります。その為、上場によって、ほぼ日本来の良さが出づらいというところが、運勢にも出てしまっています

その敗財が正財と並ぶと、敗財が正財を尅す形、財を尅す形となり、お金は入ってくるけれど、流れるという運勢です。

運勢でみていくと、糸井社長は今後も活躍され、ほぼ日も今後はより多くの人脈やお金に恵まれる運勢がでていますが、上場日による運勢は、1年目から4年目までが敗財、5年目から8年目までが比肩と、比劫星の厳しいタイミング(図⑦)を乗り越えていく形となりますので、上場の選択肢はあまり良い運勢を導いたとはいえなさそうです

会社の運勢無料診断サービス

  • 本当に統計的に運勢の特徴がでるのか興味があるので試したい
  • 自社(自分)の今後の運勢が知りたい
  • 会社の厳しい状況がいつまで続くのか知りたい
  • 投資などの適切なタイミングを知りたい

このような方におすすめです。無料ですのでぜひお試しください。

かんたん1分 会社の運勢相談無料診断入力フォーム

会社名(創業予定の場合は創業予定と記入ください)

メールアドレス

会社の登記日 (任意)

経営者・経営幹部の生年月日時間

性別

産まれた場所

事業内容・特に確認したい事



※無料診断をご希望される場合は、上の「事業内容・特に確認したい事」欄に連絡先の入力をお願いします